ホーム » Twitterで絵描きさん支援情報Bot【イラスト情報bot】

Twitterで絵描きさん支援情報Bot【イラスト情報bot】

, / 2639
Twitterで絵描きさん支援情報Bot【イラスト情報bot】

イラスト情報bot

 

絵描きさんのためのBot

私は絵を描くことが好きでした。子供の頃はよく描いていました。漫画が多かったですが。描いているときは楽しかったし、夢中になれました。できた絵を親に褒めてもらったらそれはもう嬉しかったものです。また新しい絵を描こう、とモチベーションにもなっていました。

好きでした、ということは今はもう好きではないの?と思った方もいることでしょう。そうです、今はもう好きではありません。だんだんと大人になるに連れて、気付いてしまったのです。私は絵が下手であるということに!
芸能人の方でも、決して上手ではありませんが、独特の絵のセンスで人気を博している方はいます。しかし私はそのようなセンスもなかったのです。
そうして私は次第に描かなくなり、いつしか描くことが好きではなくなっていました。絵の上手い友達が書いた絵を見てみると、余計に描く気がなくなったものです。あのときもう少し上手く描けていれば、今でも描き続けていたかもしれません。

このBotを、あの頃に私に教えてあげたいです。「イラスト情報Bot」といっても、当時はまだインターネットも普及していなかったのでどちらにしろ無理ですが(笑)

shutterstock_312108188

このBotは絵に関する様々な有用な情報を呟いてくれます。例えば上手く描くコツです。それを参考に実際に描いてみて、少しでも上手く描ければそれはもう大成功です。
絵に限らずですが、上達していくと喜びがありますよね。モチベーションも上がり楽しくなってきます。私は楽しむことを忘れていました。でもそれが何より大事なことなんでしょうね

情報内容

他にはこんな情報があります。
・モチベーション
・お勧め参考サイト
・特定の箇所の描き方
・イラスト描いていてよかったこと
・イラスト投稿の注意
・SAI等のブラシ設定
・イラストに関する質問
こういった内容を定期的に自動で呟いています。質問に答えてくれるのはありがたいですね。描いていてよかったことなどは、モチベーションアップにも繋がりそうです

shutterstock_403854436

 

使い方

ご自分のTwitterアカウントでフォローすれば使えるようになります。ですが先に、取扱説明書をご一読下さいということです。Twitterのページにリンクも貼ってくれています。

まとめ

ごいですねこのBot。もっと早くこのようなものに出会っていれば、もしかしたら違う未来があったのかもしれません。
少し感傷に浸りながら今回はお別れです。また絵を描いてみようか、そんな気にさせてくれたBotのご紹介でした

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る