ホーム » 【アプリ開発の新機軸】LINEミニアプリとは?LINE公式アカウントとの違いやメリットを解説【前編】

【アプリ開発の新機軸】LINEミニアプリとは?LINE公式アカウントとの違いやメリットを解説【前編】

, / 161
【アプリ開発の新機軸】LINEミニアプリとは?LINE公式アカウントとの違いやメリットを解説【前編】

SNSアプリ・LINEから起動できる「LINEミニアプリ」は、サービス業や小売業における顧客向けサービスの提供に最適です。LINEミニアプリそのもので顧客満足度を高めながら、1to1の接客に欠かせない顧客データが集められます。

しかも従来の各種アプリにあった、

  • iOS版とAndroid版両方の開発
  • 決済時の手数料徴収
  • 新規会員登録にともなうメール配信・確認

…etc.が不要で、企業にもユーザーにもやさしいフォーマットなのです。

前編ではLINEミニアプリについて、概要やメリットをお伝えしていきます。

LINEミニアプリとは?

まずはサービス業や小売業での普及が進む「LINEミニアプリ」について概要を紹介。LINEとの関係性・できることについても、解説していきます。

LINEミニアプリの概要

「LINEミニアプリ」は、スマートフォン版LINEのサービス上(LIFFブラウザ)で動くウェブアプリの総称です。LINEをインストール済みのユーザーであれば、追加インストール・会員登録なしで使えるという特徴をもちます。

このLINEミニアプリは、

  • 端末へのインストールを要する「ネイティブアプリ」
  • 起動ごとにログインを要する「旧来のウェブアプリ」

等に代わる注目株。2020年の正式リリース後から「企業・店舗のサービスを提供するアプリ」としての利用が拡大しています。

LINEミニアプリとLINEの関係性

LINEとLINEミニアプリの関係性は、LINEが親・LINEミニアプリが子の親子関係です。うち親側は一般に「スーパーアプリ」とも呼称されます。このスーパーアプリの形式をとるアプリには、

  • 端末のストレージ容量が抑えられる
  • インストールにともなう通信容量が抑えられる

といった強みがあります。

LINEミニアプリで実装できる機能

LINEミニアプリのフォーマットを使えば、サービス業や小売業に特化したアプリが簡単に開発できます。具体的には

  • デジタル会員証
  • ポイントカード
  • スタンプカード
  • 決済システム(LINE Pay / クレジットカード)
  • モバイルオーダーシステム
  • 順番待ちシステム
  • 来店予約システム

といった機能がLINEミニアプリで実装可です。その利便性から、さまざまな業種でLINEミニアプリの普及が進んでいます。

LINE公式アカウントとの違い

LINEを使った販促には、LINEミニアプリのほかに各事業用の「LINE公式アカウント」があります。LINEミニアプリとLINE公式アカウントで異なるのは、

  • 取得できるユーザーデータ
  • 配信機能
  • UIのデザイン
  • 開発・導入の方法

の4点です。まずは、CRM(顧客関係管理)に欠かせないユーザーデータから、詳しくみていきましょう。

取得できるユーザーデータ

LINEミニアプリであれば以下のとおり、さまざまなユーザーデータが集まります。

  • LINEのユーザーID
  • ミニアプリの利用状況
  • (POSレジとの連携で)購買データ

これを応用すれば、「各人の来店回数に応じて割引クーポンを配布する」といったことが可能に。文字通り、ユーザー一人ひとりの動向が把握できるのです。

対してLINE公式アカウントから得られるユーザーデータは「ユーザー全体でのメッセージ開封数」のみです個別の動向までは追えません。

配信機能

一方、配信機能についてはLINE公式アカウントに軍配が上がります。

LINE公式アカウントであれば、

  • 顧客とのコミュニケーション
  • 新着情報の配信
  • お得な情報の配信

が可能です。繰り返し配信することで、顧客ロイヤリティの向上に貢献してくれるでしょう。

対してLINEミニアプリでは、「ポイントの期限切れの通知」「購入確認」など、サービスメッセージのみが配信可能です。また、販促メッセージはNG / 配信は年間5回まで…etc.の制約があります。

開発・導入の方法

LINEミニアプリとLINE公式アカウントとでは、開発・導入の方法が大きく異なります。

まずLINE公式アカウントは、専用管理画面「LINE Official Account Manager」から開設できるので導入にあたって、開発の工程は不要です。

対してLINEミニアプリの導入は、ときに本格的な開発の工程を要します。具体的には、

  • ベンダーが用意するパッケージを利用して開発
  • 自社のサービスに合わせて個別開発

のいずれかのアプローチで導入が可能です。

UIのデザイン

LINEミニアプリとLINE公式アカウントでは、UIのデザインも異なっています。

LINE公式アカウントのUIは、ユーザーどうしのトークルームのものとほぼ同様です。ただ、ユーザー間のトークルームと違って、画面下部に「リッチメニュー」が付属します。

対して、LINEミニアプリのUIは千差万別です開発に用いたパッケージによって、デザインが大きく変わります。

LINEミニアプリの企業側のメリット6点

ここからはLINEミニアプリのメリットについて解説していきます。まずは、LINEミニアプリを開発・提供する企業にとってのメリットから、詳しくみていきましょう。

SNSシェア日本一のLINEが活用できる

LINEミニアプリ最大の強みは、SNSシェア日本一のLINEからアクセスできるという点にあります。

NTTドコモ モバイル社会研究所によると、10代から60代で8〜9割、70代でも7割がLINEを使用しているとの結果が出ています。つまり自社サービスをLINEミニアプリで出すことで、若年層はもちろんシニア層もターゲットにできるのです。

各種ユーザーデータが簡単に集められる

LINEミニアプリであれば、会員登録の過程を飛ばしてユーザーデータが集められます。具体的には、ユーザーがLINEミニアプリを使用するだけで

  • LINEのユーザーID
  • LINE Profile+の情報(氏名 / 性別 / 誕生日 / 住所 / 電話番号)
  • 属性
  • 行動データ
  • (POSシステムとの連携で)購買履歴

といったデータが収集可能。会員登録の有無を問わず、行動に基づいたコミュニケーションが取れるのです。

LINE公式アカウントの友だちが増やせる

LINEミニアプリなら、起動時にさりげなくLINE公式アカウントの友だち追加ができます。

LINEミニアプリとLINE公式アカウントを連携させていると、初回起動時の認証画面に「友だち追加」のチェック項目が出現。こちらはデフォルトの状態では「許可」となっています。ユーザーの多くはわざわざチェック項目を外さないため、自然と友だちが増えるという原理です。

開発期間・コストが削減できる

LINEミニアプリは、モバイル端末用のネイティブアプリと比べて、開発期間・コストが抑えられます。

自社サービスをネイティブアプリとしてリリースするには、iOS版とAndroid版で計2つのアプリが必要ですそのため開発期間もコストも、かさむ傾向にありました。

対してLINEミニアプリであれば、アプリ1つでiOSにもAndroidにも対応できます。あわせてパッケージを利用することで、開発期間・コストともに削減が可能です。

決済時の手数料が抑えられる

ネイティブアプリ(iOS / Android)では、アプリを通した売上のうちの15〜30%を、アプリストア運営元が手数料として徴収します。

対してLINEミニアプリでは、決済時の手数料がありません。したがって従来よりも安くで、課金サービスが実現します。

ブロックの影響を受けづらい

LINEミニアプリのサービスメッセージは、連携先のLINE公式アカウントがブロックされている状態でも、友だち(ユーザー)に届きます。したがって初回利用後、LINE公式アカウントをブロックしてしまった層に対してもアプローチが可能です。

またLINEミニアプリ経由の友だちは、「起動時の認証」という心理的ハードルを超えていることから、ブロック率が低い傾向にあります。

したがってLINE公式アカウントは、LINEミニアプリとの併用で、単体のときよりもブロックの影響を受けづらくなるのです。

LINEミニアプリのユーザー側のメリット4点

続いては、LINEミニアプリを利用するユーザーにとってのメリットも解説していきます。

よく使うLINEの中で動線が完結する

従来のウェブアプリでは、起動時にブラウザの立ち上げとログインが必要でした。

対してLINEミニアプリなら、起動毎のログイン操作がありません。しかも慣れ親しんだLINE内の

  • ホーム画面
  • 連携先LINE公式アカウントのリッチメニュー

などから、ワンタップで起動できてしまうのです。

追加のアプリダウンロードが要らない

LINEミニアプリを使用するにあたって、スマートフォンに入れるアプリは「LINE」のみ。追加でのアプリのダウンロードは不要です。

つまり従来のネイティブアプリと違って

  • 端末のストレージが節約できる
  • ダウンロードでの通信容量の消費がない
  • 端末の待受画面が雑多にならない

以上の具体的な強みがあります。

追加の会員登録も要らない

LINEミニアプリはLINEユーザーであれば、追加の会員登録なしで気軽に使えます。従来のウェブアプリにあった、

  • Safari / Chromeを立ち上げる手間
  • 会員登録時のメールを介した認証の手間
  • 以上にともなう、通信容量の浪費

は一切ありません。

LINE外からでも起動できる

LINEミニアプリは、LINE外部のリンクやQRコードからでも直接アクセスができます。公式サイト・SNS・チラシをチェックして気になったLINEミニアプリがあれば、それをすぐに始められる点もメリットといえるでしょう。

 

後編ではLINEミニアプリのデメリット、デメリットをカバーするような機能を備えた弊社でのLINEミニアプリの開発事例について紹介します。

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る