ホーム » 【前編】LINE拡張ツールでマーケティング効果最大化!ツールの機能・選び方を紹介

【前編】LINE拡張ツールでマーケティング効果最大化!ツールの機能・選び方を紹介

, / 114
【前編】LINE拡張ツールでマーケティング効果最大化!ツールの機能・選び方を紹介

LINE単体でCRM施策を行う際、「備え付けの機能だけでは使いづらい……」といったお悩みを抱える方は多いはずです。

そこで活躍するのがLINE用の拡張ツール!連携させることで、より多くのターゲットにより最適な配信が、ラクラク行えます。

ということで今回は記事2本立てで、LINE(LINE公式アカウント)の機能を強化してくれる「拡張ツール」を紹介!前編では、その機能・選び方をお伝えします。

「LINEマーケで結果を残したい!」という方はぜひ、最後までお読みください。

LINEは外部ツールで機能が拡張できる!

LINE(LINE公式アカウント)では、その機能を強化・拡張してくれる外部ツール(拡張ツール)がさまざまなベンダーからリリースされています。この拡張ツールを併せて導入することで、LINEに備わる必要最低限の機能だけではたどり着けない、コミュニケーション・販促・UXの強化が可能です。たとえば、

  • LINE公式アカウントのブロック防止
  • 運用工数の削減
  • 顧客の好みに合わせた配信・対応
  • 高度な分析の実現・PDCAサイクルの補強
  • その他自動化・効率化

などの効果が見込めます。

このように、LINE用拡張ツールはBtoC企業全般、とくに実店舗やECサイトでの導入におすすめです。基本は有料なのですが、無料で使えるものやお試し期間があるものもリリースされています。次項では、そんなLINE用拡張ツールで、強化・実装できる機能を掘り下げていきましょう。

LINE用拡張ツールで強化・実装できる機能

 

LINE用拡張ツールで強化できる既存機能と実装できる新機能は、大まかに

  • 各種配信機能
  • リッチメニュー
  •  アンケート機能
  • 顧客データの集計・分析機能
  • 予約機能
  • 決済機能
  • 複数アカウントの一括管理機能

などがあります。まずはLINEマーケティングの基礎、各種配信機能から強化できるポイントをみていきましょう。

各種配信機能

LINE用拡張ツールであれば、LINE公式アカウントにもとから備わる

  • 絞り込み配信:一部のターゲット層にのみ配信できる機能
  • ステップ配信:期間・アクション等で分岐するフローに沿って、自動配信できる機能

など配信機能をより強化できます。

まず、本家LINE公式アカウントの「絞り込み配信」機能については、細かな条件指定での絞り込みができません。対してLINE用拡張ツールとの連携なら

  • アンケートへの回答等、雑多なアクションによる絞り込み
  • AND条件に加え、OR条件での絞り込み

といった高度な絞り込み配信(セグメント配信)が可能です。

続いて本家の「ステップ配信」機能についても、LINE用拡張ツールとの連携で

  • アンケートへの回答等、雑多なアクションによる条件分岐
  • フローの途中から別のフローへの派生
  • 時間刻みでの条件分岐

といった一段上の機能が実現します。

※一部LINE用拡張ツールでは、ブロック状態でも相手に届く「通知メッセージ」も送信可。LINE上でのサービス展開を考えている方におすすめです。

リッチメニュー

本家LINE公式アカウントのチャットルーム下部にボタン形式のUIが出せる「リッチメニュー」についても、拡張ツールでの強化が可能。具体的には

  • ユーザーにあわせた(最寄店 / 会員登録の有無…etc.)出し分け
  • 細かなカスタマイズ
  • 切り替え型のリッチメニュー(複数枚のリッチメニュー)の設定

といった本家にない機能が追加できます。

アンケート機能

LINE用拡張ツールを導入することで、LINE公式アカウントに実用的なアンケート機能が追加できます。多くのLINE用拡張ツールでは

  • ユーザー一人ひとりの回答内容の識別
  • 回答内容を条件とした絞り込み配信&ステップ配信

といったことが可能です。

ちなみに本家LINE公式アカウントにも、アンケートを実施できる「リサーチ」機能が備わっています。しかし、

  • 完全匿名制
  • 実施に料金がかかる(9,800円〜)
  • 最大設問数15問まで
  • 回収数1,000サンプルまで

といった制限が存在しています。アンケートに関しては、機能・コスパともにLINE用拡張ツールに軍配が上がるといえるでしょう

顧客データの集計・分析機能

顧客データの集計・分析についても、LINE用拡張ツールの得意分野です。

本家LINE公式アカウントでは、各種顧客データについて「集団単位での数」しか確認できません。

一方、独自のID発行機能やその他ITリソースとの連携機能を備えたLINE用拡張ツールであれば

  • 顧客一人ひとりを識別したうえでのデータ集計
  • POSレジや社内データベースとの連携
  • 顧客の流入・流出経路の測定
  • アンケートやチャットの内容の分析
  • クロス分析 / クリック分析 / CV…etc.高度な分析

も可能。CRMを筆頭に各種マーケティング施策に応用が利きます。

予約機能

一部のLINE用拡張ツールでは、本家LINE公式アカウントでオプション扱いの予約機能が標準装備されています。これを導入することによって、LINE上で来店予約・モバイルオーダー・順番待ちができるようになります。さらには

  • リマインダー送信機能
  • 視認性に優れたカレンダー形式の予約フォーム
  • Googleカレンダーとの連携機能

といった本家以上の機能も実装可能です。

決済機能

LINE用拡張ツールのなかには、LINE上の自社サービス(LINEミニアプリ)に決済機能をプラスできるものもあります。こちらを使えば、クレジットカードやLINE Payによるお買い物がLINE上で実現可能です。

複数アカウントの一括管理機能

LINE用拡張ツールであれば、複数のLINE公式アカウントをラクラク管理できます。

本家LINE公式アカウントに備わる同等の「グループ」機能と比べて

  • 一括管理側でも細かな情報が確認できる
  • 一括管理側と個別管理側で画面の出し分けができる

というふうに、融通が利きます。

LINE用拡張ツールの選び方

各ベンダーが送るLINE用拡張ツールを選ぶにあたって、気をつけていただきたい点は以下の5つです。

  • 機能:アクセスしたいターゲットの数や層と自社の業務内容にあわせる
  • サポート体制:サポートなし or 使い方のみサポート〜トータルサポートをコストにあわせて選ぶ
  • 安全性・セキュリティ:Pマークや不正ログイン対策の有無に注目する
  • 使い勝手:前知識なしで直感的な操作ができるか、マニュアルがあるかなどに注目する
  • LINE公認パートナーか否か:ベンダーのスキルやセキュリティを重視するならLINE公認パートナーがベスト

このLINE用拡張ツールは、マーケター向けのものから店舗経営者向けのものまでさまざまな目的をもったものが登場しています。ですので、とくに機能&使い勝手に注目して選ぶのが肝要です。

まとめ

今回は、LINE(LINE公式アカウント)との組み合わせで機能を強化してくれる「拡張ツール」について、お伝えしました。LINE用拡張ツールとの連携で強化できるLINE本来の機能や新しく実装できる機能は

  • 各種配信機能
  • リッチメニュー
  • アンケート機能
  • 顧客データの集計・分析機能
  • 予約機能
  • 決済機能
  • 複数アカウントの一括管理機能
    …etc.

です。

さて後編では、各社からリリースされているLINE用拡張ツールについて、BtoCマーケ向けのものをピックアップしてご紹介します。次回でご紹介する、弊社の「COMSBI」は複数店舗や商業施設を抱える企業様に最適です。貴社独自の機能も開発できますので、気になったお客様はぜひご相談ください!

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る