資料請求お問い合わせ

LINE
アプリ使い勝手を

COMSBIはLINE公式アカウントにスマホアプリと同等の機能を提供するためのLINECRM・ミニアプリのプラットフォームです

資料請求する

Botによる対応

アンケートフォーム

利用企業

satoucc

COMSBIとは

LINE公式アカウントをミニアプリ化し、
高度な機能を提供
するための
プラットフォームです。

ユーザーごとに表示するリッチメニューを変更したり、Botを使った自動化、タグによってユーザーを分類しセグメント配信する機能など、1to1のコミュニケーションをオートメーション化して運用することのできる機能を提供します。また、既存のデータベースやDMPとの連携など柔軟なカスタマイズが可能です。

LINE公式アカウントをミニアプリ化イラスト

LINE公式アカウントをミニアプリ化する意味は?

スマホアプリではなく
LINE公式アカウントを
ミニアプリ化する
メリットは?

アプリの特性は能動的なロイヤルユーザーが情報を取得しようと思うときに優れたUIで利便性を提供することです。
それに対してLINEの利点はメッセージ配信での圧倒的な訴求力。
受動的なライトユーザーに対してメッセージ配信でリテンションを図り、そこからシームレスなアクションにつなげることができます。これによってロイヤルユーザーへとリフトアップさせていくことが可能となります。

ロイヤルユーザーへとリフトアップ

ユーザーメリット

ダウンロード不要で簡単に利用できる。
インストールが必要ないので端末の容量を圧迫しない。

企業側メリット

Push通知より圧倒的にリーチ力の高いメッセージ配信。
アプリに比べて開発・運用費用が安い。

ミニアプリは
気になっているが
どのようなものを作れば
いいのか分からない。

LINEでできることは何かというご相談からでもいいので、お気軽にご相談ください。
弊社は2015年頃よりLINEの公式アカウントを活用したChatbotやミニアプリの開発を行っており、LINE株式会社の法⼈向けサービスの販売・開発のパートナーを認定するプログラム「LINE Biz-Solutions Partner Program」におけるTechnology Partner企業です。 LINEだけでなく、スマホアプリやWebとどのように連携してOMOを実現したらよいのかの知見が豊富にあります。
既存のシステムとの連携をどのようにしたらいいのかのご相談にも柔軟に対応できます。

LINEマーケティングに関する豊富な開発実績

株式会社ソニックムーブは、LINE株式会社の法⼈向けサービスの販売・開発のパートナーを認定するプログラム「LINE Biz-Solutions Partner Program」におけるTechnology Partner企業です。LINEにおける連携ツールの仕様共有の可能有無、仕様変更時に対応するスキル・リソースの有無、要求される技術仕様を保つことができるかなどの審査基準を元に認定されます。

認定パートナー情報(Business Connect Partner)別ウィンドウで開く

COMSBIの特長

タグ機能を使って配信をオートメーション化!
セグメント配信ステータス管理にも自由自在に利用可能!

会員区分や購入履歴、行動履歴などによってユーザーに自動的にタグを付与してカテゴライズし、カテゴライズされたユーザーに対して個別に自動的にメッセージを配信することが可能です。
例えば最後にサイトやアプリにログインして3日以上たっている人だけに自動的にメッセージを送ったり、ECサイトである商品ページを閲覧した人に自動的にメッセージを送るなどの使い方ができます。

利用例1

ECサイトで商品Aの閲覧をしているユーザーを自動的にタグ付けし、
そのユーザーに対してのみメッセージ配信。

メッセージをセグメント配信

利用例2

1to1での問い合わせ対応中のユーザーに対して管理画面からステータスをタグで付与。
CS対応やフォーム機能を使ったアンケートでユーザー満足度をステータス管理し、
より精緻な1to1のカスタマーサクセスを実現。

より精緻な1to1のカスタマーサクセスを実現

BotやLIFFを組み合わせた高度なUXと機能の提供

Botを使ったLINEならではのUIはもちろん、LIFFという機能を使ってスマホアプリのようなリッチなUIも実現できます。
会員登録・アンケート・予約・決済などさまざまな機能をLINEアカウント上で提供することができます。
LINEのトーク画面上で機能を提供できるので、メッセージ配信と連動してユーザーのアクションを喚起することが可能となります。
フォーム機能では、回答を顧客情報と紐づけて一元管理したり、Botにデータを連携して活用することも可能です。

play
play

柔軟なAPI連携が可能!

COMSBIでは全ての機能をAPIで作ってあります。
APIのみの提供でお持ちのシステムの既存の管理画面にLINEの配信窓口を作るといったことも可能です。

柔軟なAPI連携

COMSBIでLINE公式アカウントの効果を最大化しませんか?