ホーム » 【2020年版】5分でできる!LINE公式アカウント(旧:LINE@) 開設ガイド(始め方・作り方)

【2020年版】5分でできる!LINE公式アカウント(旧:LINE@) 開設ガイド(始め方・作り方)

, / 9359

日本国内で8,300万人以上が利用するメガサービスLINE。
そして、企業用のLINEのアカウントである「LINE公式アカウント」(旧:LINE@、ラインアット)は、開設数が300万件を超えています。
今回は、LINE公式アカウントの開設方法、始め方、作り方について、ご案内します。

LINE for BUSINESSにアクセスする

まずは、LINE for BUSINESSのサイトにアクセスしましょう。

ページ中部の「認証済アカウントを開設する」あるいは「未認証アカウントを開設する」を選択してください。
今回はすぐにアカウント開設可能な「未認証アカウント」について説明します。

※認証済みアカウントを開設する場合は、LINE社による認証に時間がかかりますので、ご注意ください。

 

アカウントを作成する

すでにLINEのアカウントをお持ちの方は、ログイン情報を入力してください。

新規でアカウントを作成する場合は「アカウントを作成」を押してください。

 

ここでは、メールアドレスで登録する場合を想定して進めていきます。

「メールアドレスで登録」を押して、メールアドレスを入力後、「登録用のリンクを送信」のボタンを押してください。
LINE社から登録用のメールが届きます。

 

「[LINEビジネスID]パスワードのリセット」という件名で、メールが届いていますので、「リセット画面に進む」を押してください。
(フリーメールアドレスでも登録可能です)

 

パスワードを設定して、「変更」を押します。

 

「ビジネスアカウントでログイン」から、先ほど登録したメールアドレス、パスワードを入力し、「ログイン」を押してください。

アカウント名など必要情報を入力する

必要情報を入力して、「確認する」を押すと、アカウント作成が完了します。
アカウント名は、LINEのお友達から見える名前になります。
アカウント名は後からでも変更可能ですので、仮で入力しても構いません。

 

「LINE Official Managerへ」を押して、利用規約に同意すると、管理画面へログインすることができます。

 

まとめ

今回はLINE公式アカウントの作り方についてご紹介しました。
スムーズに進めば、5分程度でアカウント作成までできたのではないでしょうか。

今後は、作成したLINE公式アカウントを活用していくフェーズになります。
他社事例、ノウハウ記事などを参考に自社にあった運用方法を考えていきましょう。

▼参考記事
①【無料でできる!】LINEクーポンの作り方・配信・停止方法
②LINE公式アカウントを利用して売上アップ!活用事例をチェック

 

株式会社SONICMOOVが提供するLINEプラットフォームCOMSBIは、CRMやDBと連携して、既存の顧客ともLINEを用いたコミュニケーションを可能にします。

顧客とのコミュニケーションや、マーケティングにLINEを利用したいとお考えでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る