ホーム » SDB、「東京版新型コロナ見守りサービス」の構築支援を実施

SDB、「東京版新型コロナ見守りサービス」の構築支援を実施

, / 1196

都立施設の訪問履歴から利用者にすばやく感染情報を通知

ソーシャルデータバンク株式会社(以下、SDB)が、LINEなどを活用する「東京版新型コロナ見守りサービス」の構築支援を実施したと6月12日に発表しました。

SDBは東京都の都立施設を都民に安心・安全に提供するため、新型コロナウイルスのクラスターが発生した際に、訪問履歴から利用者にすばやく感染情報を通知する「東京版新型コロナ見守りサービス」の構築支援を行いました。

各施設に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み取ることで、サービスの利用登録が可能。メールやLINEに通知が届くようになります。

クラウド型マーケティングツール「Liny」を開発

「Liny」はLINE公式アカウントの機能を拡張できるクラウド型マーケティングツールで、ビジネスをはじめ地方自治体におけるLINE活用の提案やサポートを行っています。

同社は、LINE株式会社の「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認められており、ツールの改善やLINEの活用法などのアドバイザーとしての活動も積極的に展開しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソーシャルデータバンク株式会社
http://social-db.co.jp/

ソーシャルデータバンク株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000032386.html

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る