ホーム » SDB、「えひめコロナお知らせネット」のシステム構築を支援

SDB、「えひめコロナお知らせネット」のシステム構築を支援

, / 1369

「えひめコロナお知らせネット」の構築をLinyで支援

ソーシャルデータバンク株式会社(以下、SDB)は7月17日、愛媛県の接触確認システム「えひめコロナお知らせネット」のシステム構築を支援したと発表しました。

「えひめコロナお知らせネット」は愛媛県のLINE公式アカウントを活用して、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する接触確認システムです。

県内施設・イベント会場のユーザーなどの把握や情報発信ができ、同日・同施設などを利用したユーザーの中で感染者が発生した場合、濃厚接触者の疑いがある人にその旨がLINEから通知されます。

SDBは今回、独自のクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」を活用して同システムの構築と開発支援を行い、愛媛県のLINE公式アカウントで利用できるようにしました。

発行されたQRコードを施設や店舗内に掲示

同システムを利用する事業者は、QRコード発行申請フォームから施設情報などを登録したあとに、発行されるQRコードを施設や店舗内に掲示し、利用者に同コードをスマートフォンなどで読みとってもらうことを促します。

施設などの利用者は愛媛県LINE公式アカウントを友だち登録して、QRコードを読みとり、施設登録することで、LINEから緊急時にメッセージを受けとることが可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソーシャルデータバンク株式会社
https://social-db.co.jp/

ソーシャルデータバンク株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000039.000032386.html

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る