ホーム » Rootの「誰でもはたけシミュレータ」がLINEのAIチャットボットに対応

Rootの「誰でもはたけシミュレータ」がLINEのAIチャットボットに対応

, / 1491

月齢や潮汐から作物への影響を調べることが可能

株式会社Root(以下、Root)の「誰でもはたけシミュレータ」がLINEのAIチャットボットに対応したと、同社が6月3日に発表しました。

「誰でもはたけシミュレータ」は、通信機器の購入設置などせずに利用でき、神奈川県内5か所から10か所の天気予報や農事暦、そして月齢や潮汐から作物への影響を調べられる月とムーンスコアなどの機能が搭載されています。

シミュレーションのウェブ版で詳細データの確認も可能

LINEのAIチャットボットに対応した「誰でもはたけシミュレータ」では、専用のLINEアカウントを友だち登録することで、LINE上のチャットでデータ表示・積算シミュレータ・積算気温の予測通知といった機能の利用ができます。

また、シミュレーションはウェブ版データと連動しているので、ウェブURLにアクセスして詳細データの確認も可能です。

Rootは現在、テスト期間・特典として6月中のウェブ版の利用申し込みした人にLINE機能を1年間提供。7月以降はLINE機能のオプション価格を設定する予定です。また、実際の使い方や実際の機能の動きなどを動画で公開しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Root プレスリリース
https://root-farm.com/news/20200602/

株式会社Rootのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000054845.html

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る