ホーム » 株式会社空色がAIチャットボットで各企業のカスタマーサポートを支援

株式会社空色がAIチャットボットで各企業のカスタマーサポートを支援

, / 1872

新型肺炎の感染が拡大、AIチャットボットを無償提供

株式会社空色が、新型コロナウイルス(以下、新型肺炎)の感染拡大を受けて、各企業のカスタマーサポートを支援するべく、AIチャットボット「WhatYa free(ワチャフリー)」の無償提供を開始したと、4月7日に発表しました。

新型肺炎の感染拡大防止に向け、スタッフを在宅勤務させるなど、対応する会社も多くでてきています。そこで株式会社空色は、カスタマーサポートを自動で行えるようにするAIチャットボット「WhatYa free」を、100社を限定として無償で提供することを決定。12月31日までの期間限定のサービスとなります。

導入及び運用コストが不要 問い合わせに自動で回答

「WhatYa free」は24時間365日、顧客の問い合わせに自動で回答する高性能のAIチャットボットです。導入及び運用コストは不要。チャットボットの環境発行後、ウェブサイトへタグ設置をすることで導入できます。

新型コロナウイルスの対策で人手不足であったり、カスタマーサポートの閉鎖で「機会損失」があったりする会社などのソリューションとなっていきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社空色
https://www.solairo.co.jp/

株式会社空色のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000024429.html

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る