ホーム » LINE Botゲーム【激走!トラック野郎】

LINE Botゲーム【激走!トラック野郎】

, / 1935
LINE Botゲーム【激走!トラック野郎】

激走!トラック野郎

 

 

知能派のあなたに!

ゲームの中でも、自分で進路を決定してうまく誘導をしていく系のゲームは、知識や頭脳が要求されることもあり、かなり人気があります。そんな知能派のあなたには、うまく道筋をつくってゴールさせる最速!トラック野郎をご紹介します。

 

脳トレにオススメ!

単純に障害物がないと進路変更できないトラックを荷物を回収する道筋でゴールへ導くというものです。ただ、そのコンセプトが、とまれないトラックと荷物を回収という題材でとてもおもしろく仕上がっているゲームといえるでしょう。普段トラックに乗る人も、そうでない人も楽しむことができます。ちょっとした待ち時間でもLINEでゲームできますから、特に難しい設定なく遊べるのが良いところです。頭を使うゲームなので知力アップや脳トレにもかかせないものといえるでしょう。

 

LINEの会話画面で楽しく遊べる!

障害物か壁に当たるまで直進しか出来ないトラックを十字方向にタップすることでうまく荷物を回収しながら、立ち入り禁止区域に入ることなく誘導していきます。非常にシンプルで見やすいグラフィックですから、どなたでも簡単に遊ぶことができます。LINEの会話画面上で遊べるのがよいところです。十字キーは画面に表示されており、それぞれ画面の端をクリックするようなつくりになっていますから、キーボードで操作しにくいということもありません。最低移動条件がきまっているため、それ以下の回数を目指して記録に挑戦する形で楽しむこともできます。それぞれステージ設定がしてあり、クリアしたステージにしるしがついていくところは、アクションゲームとしても優れています。

 

誰でも簡単に遊べる!

使い方は、ただLINEの友達にBotを登録するだけ。これであとはBotを起動すると、自然とゲームを始めることができます。タップで簡単に遊ぶことができますから、非常に小さなお子さんでもたのしめるのではないでしょうか。直感的にゲームの趣旨がわかるので、誰でも簡単に始めることができます。

 

まとめ

トラックはとても可愛くて、まさに子供受けするゲームといえそうですね。思わずのめりこんで言ってしまいそうな中毒性があります。だんだんと難しくなり、簡単にクリアできなくなってきますが、いつでも遊べますから、是非自分自身の限界に挑戦してみてください。家族全員で競い合って進めていくのもおもしろいかもしれません。ゲーム好きにはたまらないBotです。

 

LINEBotのまとめ記事作りました

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る