ホーム » PEP、新型コロナウイルスの情報をテンプレ化し提供開始

PEP、新型コロナウイルスの情報をテンプレ化し提供開始

, / 2270

「PEP」、「新型コロナウイルスに関するQ&A」をテンプレート化し利用企業向けに無償提供

株式会社ギブリー(以下、ギブリー)が運営するAIアシスタント作成ツール「PEP」(ペップ)は、厚生労働省発表の「新型コロナウイルスに関するQ&A」をテンプレート化し、利用企業向けに無償提供を開始したことを、2月20日に発表しました。

「新型コロナウイルスQ&A」テンプレートについて

現在、新型コロナウイルスについて様々な策を講じている方や、正しい最新の情報を入手したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

PEPを導入している企業は、厚生労働省が作成するQ&Aをワンクリックで自社のAIアシスタントに追加することができ、新型コロナウイルスに関する社員からの質問や事業者向けのよくある問い合わせに自動応対が可能になります。

※Q&Aの内容は、2020年2月20日付で厚生労働省が発表している内容に基づいて作成されています。

「新型コロナウイルスに関するQ&A」テンプレートの活用例

例えば、従業員が「郵便物から感染するか」とAIアシスタントに質問します。

「現在のところ、中国やウイルスが見つかったその他の場所から積み出された物品との接触から人が新型コロナウイルスに感染したという疫学的情報はありません。WHOも、一般的にコロナウイルスは、手紙や荷物のような物で長期間生き残ることができないとしています。」

といった、厚生労働省が提供する回答内容の案内を受けることが可能です。また、人事・経営側からの問い合わせ内容の応対も用意されていることも特徴のひとつです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ギブリー、プレスリリース
https://givery.co.jp/press/5798/

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る