ホーム » LINEで遺言書作成が可能、「タイムカプセル」の提供を開始

LINEで遺言書作成が可能、「タイムカプセル」の提供を開始

, / 1114

日本初、LINEでつくる新しい遺言「タイムカプセル」の提供を開始

株式会社ユニクエスト(以下、ユニクエスト)は、LINEで作成するエンディングサービス「タイムカプセル」の提供を開始したことを、3月25日に発表しました。

ユニクエストでは、「小さなお葬式」、「てらくる」、「OHAKA」など、インターネットを使用したライフエンディング関連事業が展開されています。

エンディングサービス「タイムカプセル」について

「終活」という言葉が当たり前になってきている現代、いざ遺言書作成をしようと思っても、「何から始めたら良いのか分からない」「複雑で面倒そう」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

「タイムカプセル」では、従来の遺言書作成にかかる心理的・経済的負担を軽減し、「伝えておくべきこと」や「最期の意思」を必要な相手に、必要なタイミングで伝えることが可能になります。

「タイムカプセル」の特徴

「タイムカプセル」を作成するときには、普段使い慣れているLINEを使用して作成をすることができます。LINE上で会話形式の質問に答えていくだけで、空いた時間などを活用して、簡単に遺言書作成が可能です。

また、資産・身の回りのこと・延命治療・葬儀・納骨・メッセージなど様々な情報を記録することができ、一人ひとりに合わせて「遺すべき」項目をカスタマイズできることも特徴のひとつです。

「タイムカプセル」の利用方法

「タイムカプセル」の利用方法は、まずLINE公式アカウント「タイムカプセル」と友だち登録をします。なお、利用料は無料となっています。友だち登録後、トーク画面から設問に回答し、遺言を作成することが可能です。
※その他、サービスの詳細は企業公式ホームページをご確認ください。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ユニクエスト、プレスリリース
https://www.uqo.jp/pressroom/press/509.html

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る