ホーム » hachidoriが「Senses」と連携 チャットボットで営業活動の入力が可能に

hachidoriが「Senses」と連携 チャットボットで営業活動の入力が可能に

, / 1594

「LINE WORKS」で営業活動情報を入力

hachidori株式会社が、チャットボット内製ツール「hachidori」をクラウド営業支援ツール「Senses」と連携させ、チャットボットで営業活動情報の入力を可能にしたと5月11日に発表しました。

hachidori株式会社は、クラウドコンピューティングであるAWSを通じて、チャットボット開発ツール「hachidori」を提供しています。

今回この「hachidori」を「Senses」と連携させたことにより、「LINE WORKS」上に案件を呼び出し、チャットボットで返信するような形式で入力できるようになりました。営業活動の帰宅途中でも入力ができ、作業工数を削減することに加え、精度の高い営業活動管理が可能になります。

LINEとも連携へ LINE WORKSから認定も

「hachidori」はプログラミングの知識がなくとも、誰でも簡単にチャットボットを開発できるツールです。営業支援やマーケティング活動支援などを行えるチャットボットによって幅広い対応ができ、業務の効率化に寄与していきます。

「hachidori」は今後、「Senses」とともにLINEも連携する予定で、より価値を生み出す業務に注力できるシステムの構築を目指していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

hachidori株式会社 プレスリリース
https://hachidoriinc.com/news/release/2378/

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る