ホーム » AGREE、5月31日まで医療相談アプリ「LEBER」の無償提供期間を延長

AGREE、5月31日まで医療相談アプリ「LEBER」の無償提供期間を延長

, / 463

全ての医療相談無償提供期間を5月31日まで延長

株式会社AGREE(以下、AGREE)は5月11日、「LEBER(リーバー)」の無償提供期間を5月31日まで延長すると発表しました。

「LEBER」は、24時間365日チャットボットで選択形式による自動問診を行い、その後医師からおすすめの市販薬や症状に適した診療科など、最速1分で回答が得られる医療相談アプリです。

AGREEは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、同アプリにおける全医療相談の無償提供を5月10日まで行うとしていましたが、「緊急事態宣言」が延長されたことで5月31日まで無償提供期間の延長を決定しました。

「READYFOR」でクラウドファンディングを実施

現在の無償提供期間における医師への報酬は、全てAGREEが負担しているほか、新型コロナウイルスの流行の収束後も、医師の過重労働や医療費増大などの課題が残ります。

そこで同社は「LEBER」の利用促進のための活動・施策を継続するため、クラウドファンディングサイト「READYFOR(レディーフォー)」でクラウドファンディングを実施。個人・法人からの協賛を募集しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「LEBER(リーバー)」
https://www.leber.ai/

株式会社AGREEのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000048.000033619.html

LINEを活用したマーケティングに興味はありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
COMSBI(コムスビ)」は、LINEを活用したマーケティングを強化するためのCRMツールです。

メルマガの開封率が上がらなくてお悩みの方、LINEでのマーケティングにお困りの方、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

COMSBIについてもっと知る