ホーム » サイバーセキュリティクラウド、「WafCharm」を「hachidori」に導入

サイバーセキュリティクラウド、「WafCharm」を「hachidori」に導入

, / 1540

AWSのチャットボット開発ツールのセキュリティを強化

株式会社サイバーセキュリティクラウド(以下、サイバーセキュリティクラウド)が、AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」を、hachidori株式会社のWebサイトに導入し、その効果を導入事例として3月12日に紹介しました。

hachidori株式会社は、クラウドコンピューティングであるAWSを通じて、チャットボット開発ツール「hachidori」を提供しています。

そのWebサイトにサイバーセキュリティクラウドが、AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」を導入したことで、自動でセキュリティ対策などを可能にしました。

「脅威が可視化・ブロックされる」効果なども

hachidori株式会社では、「脅威を可視化し、エラーログとの切り分けをしたい」、「AWS WAFの運用にリソースをかけたくない」などといった課題がありましたが、同サービスを導入したことにより、「脅威が可視化・ブロックされる」効果などが得られ、大きなソリューションとなったとしています。

同サービスでは、サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」を配備しており、最新の脅威にもいち早く対応しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サイバーセキュリティクラウド プレスリリース
https://www.cscloud.co.jp/news/press/202003122403/

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る