ホーム » 「LINEポケオ」が「POS+」と連携、売上向上とコスト削減に

「LINEポケオ」が「POS+」と連携、売上向上とコスト削減に

, / 1886

「POS+」のシステムでテイクアウトサービスを展開へ

LINE株式会社の「LINEポケオ」が「POS+」とシステム連携し、売上向上とオペレーションコスト削減を実現していくと同社が7月9日に発表しました。

「LINEポケオ」ではテイクアウトサービスを提供している店舗を検索した上で、注文・事前決済がLINE1つで完結できることから、「松屋」や「串カツ田中」などに導入されています。

今回のシステム連携により「POS+ food」及びオーダー管理・中継用タブレット端末を導入するだけで、「POS+」のシステムのままでテイクアウトサービスを始められるようになりました。テイクアウトだけでなくイートインの注文・決済・売上管理・分析まで、一元管理が可能となり、売上向上とオペレーションコスト削減を実現します。

LINE公式アカウントの友だち、1,100万人以上に

新型コロナウイルスの影響でテイクアウトサービスへの需要が高まっており、「LINEポケオ」のLINE公式アカウントの友だち数が1,100万人以上になったほか、5月の月間オーダー数が4月比で160%、そして取り扱い高が180%増加しました。

また、掲載店舗数は1か月で2,800店舗以上追加され、店舗とユーザーの新しい接点を生みだしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

LINE株式会社 プレスリリース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3302

LINEで複数店舗の顧客管理も、
売上アップも。
オールインワンツール「COMSBI」

COMSBI」なら複数のLINEアカウントの一括管理が可能。
複数店舗を運営している企業の場合、1つのアカウントで店舗別のデータを管理でき、
顧客の購買行動や趣向情報を簡単に収集・分析することも可能です。

また、ポイント・クーポン利用履歴もデータ化、アクション履歴からのLINE配信など、
効率化とともに工数削減
も実現できます。

「COMSBI」についてもっと知る