ホーム » SDB、国民生活センターのLINE公式アカウントの開発を支援

SDB、国民生活センターのLINE公式アカウントの開発を支援

, / 755

消費者へ生命・身体・財産などに関する情報などを発信

ソーシャルデータバンク株式会社(以下、SDB)は7月3日、国民生活センターのLINE公式アカウント「国民生活センター公式LINE」の開発を支援したと発表しました。

「国民生活センター公式LINE」では、消費者へ生命・身体・財産などに関する情報発信のほか、利用者数が多いLINEから注意喚起なども行われます。メニュー画面には相談内容の多いカテゴリごとに9つの選択肢があり、カテゴリの中の内容は適宜更新されていきます。

同LINE公式アカウントは、LINEアプリからアカウント名の「国民生活センター」を検索して「友だち登録」することで利用が可能です。

クラウド型マーケティングツールでLINEの活用を

SDBは、LINE公式アカウント機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を行っており、ビジネスにおけるLINEの活用を支援しています。

同ツールはリリースから2年で2500社以上に導入しており、企業の集客・販促施策に貢献。LINE株式会社からは「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」に認定されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソーシャルデータバンク株式会社
https://social-db.co.jp/

ソーシャルデータバンク株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000036.000032386.html

\期間限定! 無料トライアル受付中!/

LINEを活用したマーケティングに興味はありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
COMSBI(コムスビ)」は、LINEを活用したマーケティングを強化するためのCRMツールです。

メルマガの開封率が上がらなくてお悩みの方、LINEでのマーケティングにお困りの方、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

COMSBIについてもっと知る