ホーム » 「CScloud」と「kintone」が連携 LINEでの顧客対応などが可能に

「CScloud」と「kintone」が連携 LINEでの顧客対応などが可能に

, / 647

顧客情報を見ながらの自動応答のチャットボット対応も

スタークス株式会社(以下、スタークス)は5月19日、「CScloud」と「kintone」をAPI連携させ、LINEでの顧客対応や販促活動を可能にしたと発表しました。

企業からのEメールの開封率などが低下している中、LINEの活用に注目が集まっていることから、スタークスは独自のLINE公式アカウント特化の顧客対応クラウドサービス「CScloud」と、サイボウズ株式会社のクラウドベース業務改善プラットフォーム「kintone」をAPI連携。

「kintone」利用企業は、顧客情報を確認しながらのLINE顧客対応・チャットボットによる自動応答や販促活動が可能になり、業務負担の削減や販促効果の向上も図れます。

VIP客向けなどLINEによるセグメント配信も可能

顧客情報を活用することで「VIP客向け」・「商品A購入者向け」・「休眠客向け」など、LINEによってセグメントしたメッセージ配信も可能で、更新案内やキャンペーンも効果的に展開できるようになります。

「CScloud」では、LINEのトークやアンケートで得られたユーザー情報を収集。それらデータを基にLINE広告の友だち追加広告による新規顧客獲得なども実現可能です。また、「LINE Biz-Solutions Partner」の「LINE Account Connect」部門において、「Technology Partner」にも認定されているサービスです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

スタークス株式会社 プレスリリース
https://starx.co.jp/

スタークス株式会社のプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/213108

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る