ホーム » SDBが経済産業省と連携 チャットボットを活用したSNS窓口を開設

SDBが経済産業省と連携 チャットボットを活用したSNS窓口を開設

, / 1596

持続化給付金などに関する情報をリアルタイムに取得可能

ソーシャルデータバンク株式会社(以下、SDB)が経済産業省と連携し、LINE公式アカウント「経済産業省 新型コロナ 事業者サポート」の開設の支援を行ったと、5月14日に発表しました。

SDBは、LINE公式アカウント機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」を用いて、新型コロナウイルスで影響を受けた事業者などの経営相談や、持続化給付金の申請方法を案内する「経済産業省 新型コロナ 事業者サポート」の開設を支援。チャットボットによって、ユーザーが24時間リアルタイムに情報を得られるようにしました。

LINE公式アカウントを友だち追加するだけで利用可能

「経済産業省 新型コロナ 事業者サポート」は、LINEアプリでLINE公式アカウント名などを検索、「友だち追加」するだけで利用が可能です。

チャットボットによる自動問い合わせ窓口を設けたい企業や行政の多くが、既に「Liny」を利用。顧客の管理・販促・運用の自動効率化や、チャットボットで24時間対応が可能なため、問い合わせや注文数を増やすことにも寄与します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソーシャルデータバンク株式会社
http://social-db.co.jp/

ソーシャルデータバンク株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000032386.html

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る