ホーム » SDB、LINEを活用した給付⾦申請フォームをディスコ社と開発

SDB、LINEを活用した給付⾦申請フォームをディスコ社と開発

, / 893

「学生支援緊急給付金」の給付⾦申請フォームを開発

ソーシャルデータバンク株式会社(以下、SDB)が、株式会社ディスコ社(以下、ディスコ社)と連携し、LINEを活用した「学生支援緊急給付金」の給付⾦申請フォーム「キャリタスContact」を開発したと、6月9日に発表しました。

新型コロナウイルの影響でアルバイト収入が大幅に減少し、大学・短大・専門学校に通うことが難しい学生に対して、文部科学省が「学生支援緊急給付金」制度で支援することを決定しています。

そこでSDBはディスコ社と連携し、給付金申請をLINEで可能にするシステム開発を行いました。LINE公式アカウント「文部科学省 学生支援緊急給付金」を友だちに追加し、選択式で現在の生活状況などの質問に回答していき、必要事項を記入の上、学生証や給与明細の画像を添付して送信することで申請が可能となります。

ディスコ社に「キャリタスContact」を提供

「Liny」はLINE公式アカウントの機能を拡張できるクラウド型マーケティングツールで、チャットボット機能の実装などができるほか、顧客の管理・販促・運用の自動効率化を実現。顧客反応の分析も可能で、より効果的なアプローチが可能となります。

SDBは「Liny」を活用して、企業と学生をつなぐ採用コミュニケーションツール「キャリタスContact」を開発、ディスコ社に提供しています。

同社はLINE株式会社の「Technology Partner」などとしても認められており、ツールの改善やLINEの活用法などのアドバイザーとしての役割も務めています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Liny
https://line-sm.com/

ソーシャルデータバンク株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000032386.html

イベント・セミナーの集客や予約管理にお困りではありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
イベントできる君」は、LINE公式アカウントと連携して、イベントやセミナー、レッスンの集客・予約管理・決済ができるサービスです。

人数が集まらなくて困っている、予約管理が負担になっている、LINEで決済できるようにしたい、という方にオススメです。お気軽にお問い合わせください。

「イベントできる君」についてもっと知る