ホーム » AGREE、医療相談アプリ「LEBER」を福島県会津若松市の2つのエリアに提供

AGREE、医療相談アプリ「LEBER」を福島県会津若松市の2つのエリアに提供

, / 269

福島県会津若松市の健康不安解消の調査事業で活用

株式会社AGREE(以下、AGREE)は5月20日、医療相談ができるアプリ「LEBER(リーバー)」を、福島県会津若松市の「ICTを活用した中山間地域の健康不安解消の調査事業」に提供していると発表しました。

同調査事業は、会津若松市湊地区及び大戸地区という医療機関から離れている中山間地域の住民の健康不安解消を目指して、4月1日から行われており、AGREEはこれに遠隔医療相談ができる「LEBER」を提供。

遠方の医療機関に足を運ぶことなく、チャットボットによる簡単な自動問診を通じて医師が適切な診療科の案内や医療機関情報の提供、市販薬の提案などを行うことで、住民の健康不安解消につなげていきます。

最大5人の相談を無料で実施 医療機関の検索も可能

「LEBER」では、24時間365日チャットボットで選択形式による自動問診を実施。その後250人以上の登録医師の中からおすすめの市販薬や、症状に適した診療科など、最速1分で回答が得られる医療相談アプリです。

自身を含めて最大5人まで回数無制限で健康・医療相談が無料でできるほか、全国17万件以上の医療機関の検索も可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「LEBER」
https://www.leber.ai/

株式会社AGREEのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000033619.html

LINEを活用したマーケティングに興味はありませんか?

利用者8000万人を超えるコミュニケーションツールLINE。
COMSBI(コムスビ)」は、LINEを活用したマーケティングを強化するためのCRMツールです。

メルマガの開封率が上がらなくてお悩みの方、LINEでのマーケティングにお困りの方、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

COMSBIについてもっと知る